おいしいお茶のいれ方
お茶の種類はいろいろあるけれど
  水や入れ方で味わいが違います。
    その方法についてご存知ですか?





お茶にも色々な種類があります。高級な玉露とかよく飲まれる煎茶、香ばしい焙じ茶に番茶、玄米茶、などなど。

すべて同じ急須でもよいのですが、もっとお茶を美味しくいただくには、お茶にあわせて急須を変えてみては?

たとえば、
玉露などの高級茶には1号サイズの小さな急須普通の煎茶には2号ぐらいのサイズで湯の量をやや多く焙じ茶、番茶、玄米茶は土瓶で、タップリのお湯をお使いになると、そのお茶をより引き立たせることができます。

缶の緑茶ドリンクよりずっと美味しくいただけます! お試しください!



そして、美味しいお茶を頂く為の一番のポイントは、やはり
。ただしタイプにはご注意を!


最近は色々な種類の水がコンビニなどで売られていますが
石灰分の多い硬水(ヨーロッパなどでこの種の水が多いですよね。)などはお茶の風味を損ねます。


よく売っている国内産の湧き水などを使った(〜の美味しい水)などの名のついた水はほとんどが
軟水ですからお茶に使うならこれが良いでしょう。


それと、水道水の場合ですが、(多分、みなさんが一番使う水でしょう。)問題は、含まれている
カルキ成分です。これを抜いて良水にするにはいくつかの方法があります。


そのひとつは、「浄水器」!最近は、このおかげでカルキを気にせずに水道の水もおいしく飲めるようになりましたが、浄水器を使わなくてもカルキを抜くことはできます。一般的なのが、「
汲み置き」です。


半日ほど汲み置きしたものをつかえばある程度カルキは抜けますが、今、はやりの
備長炭を使えばミネラル分豊富な美味しい水になります。


よく洗って煮沸消毒した備長炭を水道水の中に入れて一晩保存すれば、お茶に理想的なおいしい水になります。ちょっと手間ですけれど味はまた格別です。
竹炭も試してみる価値アリです!



さて、次はお湯です。


お湯の沸かし方ですが、一番多い失敗は湯が沸騰しかけたところで、直に火を止めてしまうという事!


これでは口当りが水っぽい感じが残ってしまいます。
完全に沸騰させてから火を止めましょう。


ただし、長く煮立たせるのもダメ!かえって水の成分が熱で影響を受けて、お茶の水色が悪くなってしまいます。何事もほどほどに。






▲  トップへ ▲


◆ Copyright KANEKOEN. All Rights Reserved. ◆
Produced by Koichi