アミが詰ってお茶が出ないィ〜!

 よくありますよね。最初は、よかったけど使っているうちに茶こしの所が詰ってしまって、お茶が急須の蓋からこぼれてしまう・・・ ってこと。

原因は、お茶渋とか水のカルシュウムです。毎日水洗いをしていても、アミの奥に、徐々に蓄積されていって、お湯の通りを悪くてしまいます。

最近のお茶は、深蒸しなどの茶葉が細かくなったお茶が多くなってきています。その為、急須のアミも、ほとんどがお茶をこすところがステンレスやナイロンの網状のきめの細かいタイプになってきました。

アミのきめが細かい為に、茶渋や水あかが付き易く、アミの裏側も、洗いにくくなりました。ではお茶詰まりを防ぐには、どうしたらよいのでしょう?

まず、軽度の汚れや、茶渋を取るには食器用の漂白剤(キッチンハイターなど)が効果的です。

水で適度に薄めた漂白剤(漂白剤の説明文に出ているので、それを参照)を急須に入れて一晩そのままにしておきます。結構これで網の汚れは落ちますが、歯ブラシで更に磨くと網の奥までよく落ちます。

この方法で、だいたいのつまりは対処できますが、茶こし網の内側に 付着して固まってしまったカルシュウムが取れなくなってしまった場合は、普通の手入れでは無理です。

では、その急須はもう使えない?捨てるほかない?・・・イエイエまだ方法があります。それは、茶こし網を交換する方法です。

茶こしの網はほとんどがはめ込み式になっているのでラジオペンチなどではさめば簡単に取れます。そして、取り外したその後ですが、中にたまった水あかなどをきれいに洗い落としましょう。 結構、汚れがたまっているはずです。

さて、スッキリときれいになったら、取り外した網をもどす?
残念ですが、グニャグニャになってちょっと無理です。 ではどうしたら?

汎用の急須用カゴ網を使いましょう。お茶屋さん(当店も)やスーパーなどで、最近はよく売っていますよね。

カゴ網は色々なサイズがあってほとんどの急須に使えますしカゴ全体でお茶を越しますから湯切れもいいです。悪くなったら網を買い換えればOK!

網は消耗品と考えて急須を使いましょう。そうすれば急須を買い換えることなく、なが〜くず〜と使えますよ。

あっ、店主泣せのページになってしまった・・



トップへ



◆ Copyright KANEKOEN. All Rights Reserved. ◆
Produced by Koichi