使い終わった「お茶ガラ」は、どうしていますか?放っておくとカビなどが生えてしまいます。急須などにそのままにしておかずに早めに洗いましょう。

でも、ちょっとまってください!早めに捨てる事にこした事はありませんが、ただ捨てるのもモッタイナイと思いませんか?

そこで、提案!使った後のお茶ガラに、もうひと働きしてもらいましょう。・・・・どうやって?

余分な水気をきったお茶ガラを、そのまま畳などにまいてホウキ で掃けば 、細かなごみまで絡め採ってきれいになりますよ。さらに、「カテキン」による殺菌作用が畳の雑菌を減らしてくれます。

植木の肥料にも茶ガラは使えます。知ってました? 植木に茶ガラを撒きその上から,土をかけておくだけで、良質の肥料になります。 更に、茶ガラは、乾燥させて使えば、「脱臭剤」としての効果もあります。不快なアンモニア臭や生臭さの原因アミン臭などに効果的です。冷蔵庫などにお試しください。タップリと使うのがコツですよ。

不快な服などについたにおいは、燻してみるのも良い方法です。 ( ただし、ほどほどに!)

これらは、昔から伝えられてきた方法ですが,こう考えると昔の人はお茶を, 茶ガラになるまで100パーセント使いこなしていたんですね。


お茶は飲むだけじゃない!・・ ナットク!!



トップへ



◆ Copyright KANEKOEN. All Rights Reserved. ◆
Produced by Koichi